嫁の不倫相手に制裁して復讐する方法まとめと体験談


嫁の不倫相手に制裁して復讐する方法まとめと体験談。

奥さんが車内で他の男と唇で愛撫していたのに・・・。

妻の帰宅があまりにも遅いので、働いている場所に赴いてみたところ、もう閉店していました。

駐車エリアにママの乗用車があり、まさか姦夫とキスをしている最中でした。

私は失神しそうになってしまいました。

激高のあまり、車のドアをオープンして激しく叫んで叱責して、間男のIDを取り上げ、慰謝料の請求をしました。

嫁の不倫

けれど、何日かすると相手の弁護士から連絡が寄こされ、あなたがした行動は脅迫罪になるので、警察署に被害届を提出すると告げられました。

それに、車の後部座席で接吻していた行為だけだと不倫行為じゃないので、不倫の慰謝料を支出するオブリゲーションは無いというのです。

こちらは尋常ではなく混乱しました。

嫁はんが浮気相手とキッスしている現場を目撃して、不倫じゃないとは阿保なこと言うなという心境でした。

最終的な結果としては、示談になりましたが、当方と致しましては悔しい心情です。

よしんば奥さんの浮気が露呈しても、自分自身で仇討ちしない方が賢明です。

その理由は、自分自身で懲罰を課そうとすると、自らの立場が悪くなってしまうためです。

嫁の不倫への制裁の注意点

相手に責めがあるからと言って、奥さんを大声で叱責してしまったら、家庭内暴力と判断されて離婚裁判をされたときなどに尋常ではなく自分の立場が弱くなります。

強烈な声振りで問責されたので心的外傷ストレスになったと診断書を病院で医師に書かれて、ママがお役所に提出してしまうこともあり得ます。

ともすれば、間男のことを叩きのめしてやりたいと怒り狂う男性もいるのは自然な感情ですが、間男へ危害を加えると自分が犯罪者となってしまいます。

もしも暴力を振るわなかったとしても、声を張り上げて叱咤してしまうと脅迫罪で訴訟を起こされることもあります。

自分で制裁を課すと、なんとも不憫な終わりになってしまう人が大部分である。